ミトラスフィアどこかなつかしい攻略まとめ

当サイトはミトラスフィアの攻略をメインとした2チャンネルのまとめサイトです。攻略のみならずミトラスフィアに関する雑談やネタ記事などまとめていますのでよろしくお願いいたします!!

当サイトはミトラスフィアの攻略をメインとした2チャンネルのまとめサイトです。攻略のみならずミトラスフィアに関する雑談やネタ記事などまとめていますのでよろしくお願いいたします!!

2017年04月

ダークナイト

マキャベリストの漆黒の騎士!
ダークナイト cv:高橋英則

主人公の持つ、『ミトラフィア』と呼ばれる秘宝を手に入れようと暗躍する、謎の組織の指揮官で、亡くなった主人公の父親やマチルダとも、浅からぬ因縁を持つ人物。どうやら、かなりの現実主義的政治理論の持ち主のようで、目的の為ならば、一切の倫理的・道徳的な感情を切り捨て、例え『世界を滅ぼしかねないような力』であっても、迷わず利用しようとする男。

「路傍の石に、語る『真名』など無い・・・」

ネキア商人


信用第一を貫く商人集団!
ネキア商人 cv:田村ゆかり

ジョバリの森との境界線上にある『交易所』で出会った謎の商人。
彼らネキア商人達には、全員に「商売上の嘘がつけない!」という拘束魔導(ギアス)がかけられている。これらは本来、種族にとらわれずに取引が出来るようにとの、抜け道的配慮であるが、逆に言えば彼らの中身が亜人だろうとスラム出身だろうと、就職口を手に入れられるようにとの配慮ともいえる。また『●●ネキ~!』という口調も、出生や種族を誤魔化すための方言隠しである。

「購入や売却のことなら、ネキ達『ネキア商会』におまかせネキ!」

デール・エミリオ

営業センスゼロの名コック
デール・エミリオ cv:八代拓

都市国家『エドル』にあるビストロ、春風亭のコック。死亡した両親が残した店を、妹と共に切り盛りするも、根っからの凝り性で、原価を全く気にせず、ただただ旨さだけを追求しようとする為、店は赤字続きで閑古鳥が鳴いている。
根は優しいが、お客の財布の中身を全く気にしていないため、なぜ超絶美味な自分の店が赤字になるのか?が、根本的に理解できていないという、経営センスゼロの男。ある意味残念な人物。

「俺はかつて『皇帝の料理人』と呼ばれた男!」

デール・ブロッサム

総天然色ドジ系メイド
デール・ブロッサム cv:日岡なつみ

この世界の中心とも言える都市国家『エドル』にあるビストロ、春風亭の娘。
両親はすでに亡く、兄と二人で店を切り盛りするも、コックである兄には全くと言って良いほど商売っ気が無く、かつ無類の凝り性であることから、経営が火の車となり、やむなく食材探しの為、森に入って迷子となり、主人公達に助けられる羽目に…かなりの天然で色々やらかすも、悪気は無い…

「私の名は『デール・ブロッサム』・・・君とは仲良く出来そうな気がするよ・・・」

ポロシリ・ハトゥン

言葉が通じぬ獣人少女
ポロシリ・ハトゥン cv:高野麻里佳

試される大地、極北に住む『ドーミナス人』と呼ばれる獣人族の娘。
空賊達に襲われて奴隷同然の扱いを受けていたところを、主人公達によって助けられた因縁から、主人公に対して、ひどく純粋な行為を抱いている模様。
ただし当初は全く言葉が通じなかったため、お互いにトンチンカンなやりとりをしている可能性有り。

「バヤルルラ~♪(僕の名は『ポロシリ』!よろしくです!)」

ゼノン・アイランドコースト

鍛冶屋の狂戦士!
ゼノン・アイランドコースト cv:細谷佳正

3本腕の狂戦士(バーサーカー)鍛冶屋。南にある焔の大陸に住む『モッゴス人』と呼ばれる、オーガ(鬼)のような四本腕の戦闘種族の出身で、南国における天下分け目の戦の折、主力部隊を逃がすための捨て肝(すてがまり)の戦術で左腕を一本失い、戦士失格の烙印を押されたが、当人自身は前線への復帰を全く諦めておらず、ただひたすらに強さを追い求め、新たな武器の開発にその活路を開いて鍛冶屋を始めた人物。愛すべき脳筋馬鹿。

「ワシは鍛冶屋の『ゼノン』・・・ジョバリの姫さんの友人じゃき!」

ヒルデガルド・タナイーズ

密林に咲く一輪の徒花
ヒルデガルド・タナイーズ cv:高野麻里佳

『ジョバリ人』と呼ばれる、この世界では『亜人』扱いを受けている、女系狩猟種族の女戦士で、若き女王を補佐する近衛兵。彼女自身も『木像化』の呪いに蝕まれており、かつて『平地の民』(人間)の親友に手ひどく裏切られた経験から、平地の民達を全くと言って良いほど信用しておらず、むしろ毛嫌いし、最初は主人公に対してもかなり批判的な立場をとり続けた人物。案外チョロイ一面も…

「役儀上・・・あくまでも、仕方なくだからな!」

マチルダ・ペンテジレーア

ジョパリの若き女王
マチルダ・ペンテジレーア cv:釘宮理恵

亜熱帯の巨大な密林に住む、この世界では『亜人』扱いを受けている。女系狩猟種族。『ジョパリ人』達の若き女王。彼女達の一族は、人体が『木像化』するという呪いに侵されており、この呪いによって母親を亡くした結果、幼くして女王えお襲名せざるを得なくなった悲劇の少女。このため部族の年長者達に対する激しいコンプレックスを抱いており、普段から若干虚勢を張って生きている。

「私の名は『マチルダ』こっこやつの飼い主だ!」

↑このページのトップヘ